CADオペレーターの仕事とは

CADオペレーターという言葉もすっかり定着しましたが、そもそもCADが何かというと明確に言葉にしづらいかもしれません。

まずそこを押さえてみますとCADとは「Computer Aided Design」又は「Computer Assisted Design」の略語です。

日本語で言えば「コンピュータによる設計支援」になるでしょうか。

手作業で行っていた設計作業をコンピュータを利用して行うということですね。

CADも初めの頃はコンピューターのスペックの悪さとソフトの性能の悪さなどで熟練しないと使えないという部分がありましたし、そもそも関連ソフトや機器が高額過ぎました。

今はパソコン含めてCADを動かす関連機器の性能は飛躍的に向上し、同時に低価格になってきましたので、もうCAD抜きに設計することはありえないですね。

CADオペレーターの役割と将来性

 

さてCADオペレーターというとそのCADを操作する人ということになります。

念のためにいうと、設計者とは違います。

CADオペレーターは、設計者が設計するために考えたものを形や図面のデータとして表現することが仕事です。

設計者が考え、CADオペレーターが形にする

というとわかりやすいかもしれません。

資格がないとできないこともありません。

未経験からでも大丈夫です。

しかし、技術的には高スキルですから、経験があれば重宝されますし、たとえば2次元CAD、3次元CADの使用経験 ・スキル・知識があれば即戦力として即採用もあります。

それに「CAD利用者試験(2次元、3次元)」「建築CAD検定」など資格があれば役に立つことは間違いありませんから資格はないよりあった方がいいのも確かです。

現代社会では、CADが必要とされる場は多岐に渡りますので、会社や業界によって使うソフトも違い膨大な種類があります。

しかし一つでも経験があればほかのソフトに慣れるのも早いですから、経験や資格は重宝される業界です。

未経験者でも逆にこれからスキルを身に着ければ長くその経験が生きる業界でもあるわけです。

ちなみに建設(建築・土木)、機械、自動車や飛行機などの輸送機器、電子部品、家具や服飾品などほんとにありとあらゆるところでCADは利用されていますから、CADオペレーターの活躍の場はますます増えて行くでしょう。

末永く役立つキャリアとしてはお勧めの仕事の一つです。 

どんな人が向いているか

細かな正確さを求められるCADオペレータには以下のような方が向いていると思われます。

1.几帳面な人

2.作業がてきぱきとスピーディーな人

3.集中力が長く続く人

4.モノづくりに興味がある人

もちろん一番必要なのはやる気と好奇心と情熱です。

チャレンジしたい方はお仕事情報がたくさんある求人情報サイトや派遣会社で是非探されてみて下さい。

CADオペレーターのお仕事はこちら

こちらで紹介したCADオペレーターのお仕事をご紹介しております。ぜひご覧ください。
あなたにあったお仕事が見つかりますように・・・

>>CADオペレーターの仕事


全国のアルバイト・派遣・求人情報はイイバイトにお任せ!

製造・物流やホール・キッチン・事務職などの主要な職種から珍しい職種まで、幅広く求人を公開しております。アルバイト・派遣・求人の情報をお探しの方は是非イイバイトをぜひご覧ください。
>>全国求人情報サイト イイバイトはこちら

記事が参考になったらシェアをお願いします!